正月

正月の正しい迎え方|年末・新年にするべき事からその時期まで

正月といえば年越しそばを食べて除夜の鐘を聞いて、元日にはおせちを食べて初詣に行く・・・。多くの方はこうやって過ごしていることと思います。

 

でも正式な正月の迎え方はこれで合っているのでしょうか?新年にするべきこととその時期について、時系列で詳しく解説していきますね!

1月1日を迎える前に|新年を迎えるための準備をします

正式な新年の迎え方の前に、まずは新年を迎えるための準備段階です。

 

 

【12月13日】
この日はすす払いの日です。現代でいえば年末の大掃除の日なのですが、この日にしなければならない!というわけではありません。家を清めるために年末までに掃除をしましょう。

 

 

【12月28日】
正月飾りはこの日までに飾りましょう。門松やしめ飾りを飾るのは12月29日は「二重苦」、12月31日は「一夜飾り」として避けた方が良いです。

 

 

【12月31日】
年越しそばを食べます。そばは他の麺類よりも切れやすいですから、「今年一年の厄を断つ」という意味があります。この意味を考えると食べる時間帯としては、一年が終わる頃の時間帯が良いとされています。

 

そして除夜の鐘を撞きます。


年が明けて1月1日|ここからするべき行事とは?

正月の正しい迎え方として準備の段階から見てきました。それではいよいよ新年が明けてからのことです。

 

 

【1月1日】
手を若水で清めて神棚や仏壇を拝みます。そして新年の挨拶を家族にしてからお屠蘇を頂きます。それからおせち料理やお雑煮を頂いて、今年一年の健康と幸せを願うのが正式な新年の迎え方です。

 

初詣もこの日に行くのがベストですが、この日に行けなければ松の内の期間中には行くことをオススメします。

 

 

【1月2日】
書き初めをするのはこの日ですが、書くことは新年の抱負などで良いでしょう。

 

 

【1月7日】
この日に七草粥を頂くとその年の間病気にならないといわれています。正月にはご馳走をたくさん食べますから、疲れた胃腸を休ませるという意味もあります。

 

 

【1月11日】
鏡開きをして年神様の力を分けて頂きます。同時にその年一年の無病息災を願うという意味もあります。

 

 

正月の正しい迎え方について見てきました。時期に合わせて行事を行うことで、新年を迎える気持ちもまた変わってきそうですね!