正月

実はこんな意味もあった!?おせちの中の料理の謂れを徹底解説!

正月と言えば毎日おせち料理を食べているというご家庭もあると思います。子供の頃はちょっとつまらない・・・と思ってしまいがちですがおせちも縁起物としてちゃんとした意味が込められています。

 

ここでは正月には欠かせないおせち料理の中身の意味について見ていきたいと思います。

 

 

【黒豆】

 

 

中国では黒は邪気払いの意味がありました。更に長寿の意味もあるためにそこから転じて健康を祈願するものとなりました。「まめに働く」という日本独自の意味もあり、こちらの方が有名かもしれませんね。

 

【田作り】

 

 

豊作を願う縁起物です。イワシを肥料にした田で米を収穫したところ、五万俵獲れたという説を基にしています。田作りのことを「ごまめ」という場合があるのは、「五万米」という字から由来する呼び名です。

 

【数の子】

 

 

一腹にたくさんの卵が詰まっているニシンの子。そこから子孫繁栄を願うと言われています。

 

 

正月の料理の中でも黒豆、田作り、数の子、この三つが特に重要な「祝肴三種」といわれています。

祝肴三種以外の料理の意味は?おせちには必ず入っているこの料理は?

祝肴三種は正月には欠かせない重要なものです。でもまだどこのおせちを見ても必ず入っているという縁起物がありますよね。それらの意味についても解説していきます。

 

【蒲鉾】

 

 

正月の日の出の象徴で、赤は邪気払い、白は神聖を表しています。新年の年神様は元日の日の出と共に降臨される、と言われています。

 

【栗きんとん】

 

 

見た目から黄金の塊の象徴と言われています。そこから商売繁盛や金運を表しています。

 

【昆布巻き】

 

 

養老昆布と書いて「よろこぶ」。喜びが広まるという縁起物ですが、健康と長寿を願う料理でもあります。

 

【お多福豆】
福を呼ぶと言われています。これは読んで字の如くといった意味合いですね。豆の粒が大きいことからお多福の顔に似ているとしてこの名前が付けられました。

 

 

おせちの中に入っているものの中でも、特に有名なものについて見てみました。まだまだ縁起の良い意味がある正月料理はたくさんあるので是非調べてみてくださいね!