正月

挨拶周りに初詣・・・和装で行きたい!選ぶべき着物はコレ!

正月と言えば初詣や挨拶周りなど着物を着られる機会もかなり多いものです。今年は和装にしてみよう!と思った時にどんなものを着るかという選択はかなり大切です.

 

 

和装はTPOに応じて小物や帯、選ぶ着物ががらりと変わってしまうものです。更に普段気慣れていない方も多いですから、動きやすさなども考えるとその選択はかなり重要になってくるんです。

 

私は以前呉服屋で働いていました。その経験を活かして、どんな着物を着るべきか?ということについて書いていきたいと思います!


初詣に着物で行きたい!暖かくて動きやすいウールがオススメ!

正月に着物を着る機会として考えられるのは初詣のときではないでしょうか。この時には「これでなくてはいけない」という決まりはありません。

 

偶に初詣に振袖を着ているお嬢さんも見かけることがありますね。振袖は確かに正月にふさわしい華やかな着物で、正装ですので神様にも失礼はありません。

 

ですが悪天候も多い冬の時期ですから、動きにくさや寒さはどうしても避けられません。

 

初詣の際の和装でしたらウールや木綿の着物が動きやすくて汚れも気にならないのでオススメです。特にウールは暖かいので初詣にはピッタリです。

 

ウールの着物はまた最近少しずつ増えていますが、もしなければ小紋に道行コートや羽織といった感じでも良いと思います。

 

 

着物は首や腕周りが外気に晒されるので案外寒いものです。寒さ対策は万全にしていってくださいね!

失敗できない正月の挨拶!どんな着物がオススメ?

正月の挨拶周りに行く際に和装をしたいといった場合はどの様な着物が良いのでしょうか?一昔前はウールのアンサンブルがありましたが、最近ではアンサンブルといった便利なものはほとんど見かけなくなってしまいました。

 

挨拶に行く時には少しだけかしこまった着物で行きたいものです。そうすると洋服でいう綺麗めのワンピースにあたる正絹の小紋がピッタリでしょう。

 

あまりに柄がカジュアルすぎるものは避け、花柄や伝統的な柄行のものが良いです。花柄であれば椿や梅などの冬の花、それ以外であれば雪輪などの冬の柄なら相手に失礼もなくかわいらしいと思います。

 

お宅に上がらせて頂く際には道行コートやショールといったものは玄関で脱ぎましょう。羽織はカーディガンの様なものですので、家の中で羽織っていても失礼にはなりません。

 

お正月にふさわしい和装はこれでOKですね!