正月

良好な人間関係に欠かせない!常識的な正月の挨拶の時期と方法

正月を迎えたら新年の挨拶は欠かせないものです。これを怠ったり間違ったりすると、「失礼な人」「常識のない人」といった烙印を押されないとも限りません。

 

正しい方法やその時期について大人ならば必ず知っておきたいところですよね?基本的には松の内の期間中といわれていますが、その状況や相手によっても変わってきます。

 

そこで状況別に正月の挨拶の方法などについて調べてみましたので参考にしてみてくださいね!

一般的にはどの時期にどんな挨拶がふさわしい?

まず松の内の期間について確認しましょう。

 

  • 関東地方・・・1月7日まで
  • 関西地方・・・1月15日まで

 

基本的にはこの時期といわれていますが、石川県や群馬県、岐阜県などでは1月20日としているところもあります。

 

次に状況によっての正月の挨拶の仕方を見ていきますね!

 

 

【一般】

松の内の期間中に。年賀状は1月7日までに相手に届くように出すというのが普通になっています。

【職場】

正月を迎えてから初めての出社の際に「明けましておめでとうございます」と挨拶をします。15日くらいまではこの方法です。

 

16日以降は明けましておめでとうございますという言葉の代わりに「今年も宜しくお願いします」という言葉がふさわしいです。この文言は2月の上旬頃まで使えます。

【親戚】

基本的には職場にする方法と同じです。15日までなら「明けましておめでとうございます」16日以降なら「今年もどうぞ宜しくお願いします」という言葉で大丈夫です。


義理の両親への正月の挨拶|更に丁寧な気持ちで!

一般的な方法について見てきましたが、ご結婚されているかたであれば最も気を遣う場面なのが義理の両親への挨拶ですよね。この場合はどうするのが最善なのでしょうか?

 

【義理の両親の場合】

基本的には正月三が日の間には行っておきたいところです。それができなければ松の内の期間中には必ず行くようにしてください。

 

どうしても松の内の期間中に行けなかったという場合には新年で初めて会うときに、「今年もどうぞ宜しくお願いします」と言います。なかなか顔を見せられなかった非礼に対して謝ることも大切です。

 

人と人との良好な関係を築くためには、挨拶をすることは必要不可欠です。相手と今年も良い関係を築きたいという気持ちを表すことが一番大切なことですね。